イニエスタ、プジョルが束になっても届かない 超攻撃型DF、驚異のゴール数

得点を重ね続けてきたセルヒオ・ラモス  photo/Getty Images

センターバックとは思えぬ得点力

現在ヴィッセル神戸でプレイするMFアンドレス・イニエスタは、バルセロナの選手として通算674試合に出場し、57の得点を記録してきた。

そんなイニエスタの数字を遥かに上回るDFの選手がいる。

スペイン『as』がその存在感を絶賛したのは、レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモスだ。

ラモスはレアルで通算641試合に出場し、何と92点も記録している。PKでの得点も多いとはいえ、センターバックの選手があと少しで100点の大台に到達しようとしているのは見事だ。

ラモスはリーガ・エスパニョーラ再開後初戦となった14日のエイバル戦でも得点を記録しており、相変わらず得点を奪う意識が強い。

同メディアは、イニエスタ(57点)、元バルセロナDFカルレス・プジョル(19点)、現バルセロナMFセルヒオ・ブスケッツ(15点)を合わせても、ラモスの得点数には届かないと驚いている。

ラモスが何歳までレアルでプレイするかは分からないが、昨季は11点、今季はすでに8点奪っている。このペースを維持するならば、もう1シーズン戦えば100点台に到達するだろう。

センターバックの選手とは思えぬ得点力も、ラモスの大きな魅力の1つだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ