今バロンドールに1番近いのは誰!? C・ロナウド&メッシを抑える鉄人FW

強すぎるバイエルンから選ばれるのは妥当か photo/Getty Images

現時点でバロンドール候補を選ぶならば……

今季は新型コロナウイルスの影響もあり、欧州各国のリーグ戦が一時中断となる異常な展開となった。

再開されたブンデスリーガやリーガ・エスパニョーラでは、ひとまずリーグ戦の日程を無事に消化したい。

ただし、同時に気になるのは個人賞の行方だ。例えば2020年度のバロンドール受賞者は誰になるのか。今後のパフォーマンス次第ではあるものの、現段階で決めるのはかなり難しい。

そんな中で英『GIVE ME SPORT』は「バロンドールに最も近いであろう選手TOP10」を作成し、現段階でバロンドールに近い選手を選んでいる。

10位:セルジュ・ニャブリ(バイエルン/FW)

9位:ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/FW)

8位:キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/FW)

7位:アーリング・ハーランド(ドルトムント/FW)

6位:ネイマール(パリ・サンジェルマン/FW)

5位:トーマス・ミュラー(バイエルン/FW)

4位:ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/MF)

3位:クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス/FW)

2位:リオネル・メッシ(バルセロナ/FW)

1位:ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/FW)

紹介されたランキング結果はこの通りだが、現時点ならばレヴァンドフスキが優勢だろうか。

何より同メディアはバイエルンが今季のチャンピオンズリーグを制する可能性が高いと見ており、バイエルンの選手を多めにリストアップしている。仮にバイエルンが国内と合わせて3冠を達成できれば、レヴァンドフスキがNo.1候補になるのは間違いない。

同じくベスト8に勝ち残っているパリも気になる存在だが、果たして誰がバロンドールに最も近いのか。かなり不規則なシーズンではあるものの、全ては再開が予定されているチャンピオンズリーグ次第か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ