ブンデス屈指の若手軍団にヤングスターがまたひとり 22歳が移籍を決めた理由

今冬ライプツィヒに加入したオルモ photo/Getty Images

「最高のステップになると思った」

今冬クロアチア1部のディナモ・ザグレブからRBライプツィヒへと移籍を果たしたスペイン代表MFダニ・オルモ。スペイン代表の次世代を担う存在と期待をかけられる同選手だが、なぜこのテクニシャンは次のステップ先としてドイツのクラブを選んだのだろうか。

ライプツィヒ移籍の噂が出る前には、セリエAやプレミアクラブへの移籍が間近とも現地メディアによって伝えられていたオルモ。特にACミランは彼の獲得に熱心だったとされる。しかし、ライプツィヒ首脳陣から勧誘の電話を受けた際に、オルモの心はドイツ行きへ一気に傾いたという。

「実際、イタリアのチームからもいくつか関心を持たれていたんだ。これ以上は何も言えないけどね。でも、結局はライプツィヒと契約することにした。それが自分のキャリアにおいて最高の決断、そして最高のステップになると思ったからさ。スポーツディレクターのマルクス(・クレシェ)と監督のユリアン(・ナーゲルスマン)からもらった電話でそれを確信したよ。彼らが考えている将来のプロジェクト、そしてその中で若い選手とどのように仕事をしているのかを聞いたからね。ライプツィヒはブンデスリーガで最も平均年齢の低いチームだ。それもここで成長したいと思った大きな理由だよ」

スペイン『as』のインタビューでオルモは当時をこのように振り返っている。今年2月にはこのオルモの決断についてディナモ・ザグレブのゾラン・マミッチSDが「ダニはイタリアやイングランドには行きたくなかった」と発言しているが、そんな中で舞い込んだライプツィヒからの誘いはオルモにとって“渡りに船”だったのだろう。加えてSDや指揮官から直々に話を受けたとあって、オルモの期待感はさらに膨れ上がったのかもしれない。

ライプツィヒ移籍後はここまで公式戦8試合に出場し主力に定着しているオルモ。現時点でその決断は成功だったと言えるか。ブンデス屈指の若手軍団に加わった22歳。その成長には今後も注目だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ