C・ロナウドが“36.8km/h”記録のFWからヒント? 目指すさらなる進化

再開へ向けトレーニングに励むロナウド photo/ロナウドのInstagramより

スパイクに変化を加えるか

ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドほど上昇志向の強い選手も珍しい。肉体改造など成長のためにあらゆる手を尽くしてきたわけだが、さらに新たな取り組みを始めているという。

伊『TuttoSport』によると、それはスパイクの素材を変えることだ。ロナウドはラグビーで使用される靴裏がラバー素材になっているものを試しているようで、これに切り替えることでスピードを上げられるのではとの狙いがあるという。

ロナウドは若い頃よりスピード豊かなアタッカーだったが、さすがに35歳を迎えてスピードが落ちてくる頃だ。それをスパイクの変化でカバーしようとの考えなのだろうか。

このラバー素材のスタッドを使うパターンはすでに成果が出ている例もあるようで、今季リーグ・アンのモンペリエでプレイするFWアンディ・ドゥロールがそのスパイクを使用。リーグ戦にて36.8km/hものトップスピードを記録したというのだ。

この数字は今季のリーグ・アンでは最速となっているようで、ロナウドがこれを取り入れようと考えるのも自然か。

以前の姿のままピッチへ戻ってくることはない。セリエA再開が近づく中、ロナウドはさらに進化した状態でのカムバックを狙っている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ