ミュラー並みの存在感? “デンマークのベイル”がチャンスメイカーに大変身

ホッフェンハイムの攻撃に欠かせない存在となっているスコフ photo/Getty Images

ストライカーから有能パサーへ

現在ドイツ・ブンデスリーガにおけるトップレベルのチャンスメイカーといえば、アシストランキングでトップを争うバイエルン・ミュンヘンのFWトーマス・ミュラー(18アシスト)とドルトムントのFWジェイドン・サンチョ(16アシスト)というイメージが強い。彼らは文句なしに自軍のチャンスを幾度となく演出している。

他にはRBライプツィヒのMFクリストファー・エンクンクも好調だ。ここまで13アシストを記録しているテクニシャンも、アシストランキングではドルトムントのMFトルガン・アザールと並んで3位タイにつけている。しかし、リーグ戦再開後に凄まじい勢いでチームにラストパスを供給している少し意外な選手がいる。

それはホッフェンハイムに所属するMFロベルト・スコフだ。昨季まで所属したコペンハーゲンでは48試合32ゴールを記録しており、その得点力や左足得意のウインガーであることから“デンマークのガレス・ベイル”との異名を取った。しかし、今季ホッフェンハイムに加入すると、彼はウイングだけでなく左サイドバックや左インサイドハーフもこなすチャンスメイカーに。サイドからのクロス、カットインしてからのラストパスなどアタッキングサードで違いを生み出している。

そんなスコフの驚愕データが明らかとなった。データサイト『WhoScored』によると、同選手はリーグ戦再開後の4試合でなんとキーパス数11本を記録しているという。これはミュラーと並ぶリーグトップタイの数字。今季はまだアシストこそ「5」しかないスコフだが、意外なところで好スタッツを記録している。伏兵とも言える存在だけに、かなりのサプライズと言えるだろう。

ドイツで暴れるデンマーク産のマジカルレフティー。センスだけであればミュラーに匹敵するかもしれない男が、終盤戦のブンデスリーガを盛り上げる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ