レアルで新たな“超攻撃型SB”誕生の予感 18歳の原石に集まる視線

レアルでトップチームデビューの時を待つグティエレス photo/Getty Images

「レアルの左SBとして完璧」

近いうちにレアル・マドリードで新たな才能が開花するかもしれない。近年同クラブでは若い力の台頭が目立っているが、それはアタッカーが中心だ。しかし、今回その実力に注目が集まっているのはDF。マルセロの後継者となり得る攻撃型の左サイドバックだ。

それは現在フベニールA(U-19)でプレイしている18歳のミゲル・グティエレス。まだトップチームでの公式戦デビューこそ果たしていないものの、先日はスペイン『as』が彼を取り上げブレイクに期待を寄せる特集記事を組んでいる。レイニエル・ジェズスやハビ・エルナンデスらと共に、レアルにおけるトッププロスペクトの一人として数えることができる逸材だ。現地時間27日には、ジネディーヌ・ジダン監督もトップの練習に彼を参加させている。

そんな18歳の左サイドバックの才能には、彼をスペイン世代別代表で指導してきたコーチも太鼓判を推す。U-17スペイン代表時代に監督としてグティエレスを指導したデイビッド・ゴルド氏は、この若者は今すぐにでもトップチームで通用すると元教え子を絶賛している。

「レアルがグティエレスに少しでもチャンスを与えれば、彼はすぐさま左サイドバックに定着するだろう。レアルの左サイドバックとして、グティエレスは完璧な特長を持った選手だ。確実にトップで活躍できるレベルにあるよ。クオリティは高いし、フィニッシュワークもシュートの精度も良い。オマケに性格は野心的で勝者のメンタリティを持っている。素晴らしい未来が待っているはずだ」

マルセロ、フェルランド・メンディ、そしてセビージャにレンタルされているセルヒオ・レギロンと、レアルの左サイドバック争いは今後激しいものとなることが予想される。しかし、これからはその中に18歳のヤングスターも加わってくるのだろうか。グティエレスの今後が楽しみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ