アルテタが切望 アーセナル今夏のビッグターゲットはブラジル代表テクニシャン

バイエルンでも主力になりきれていないコウチーニョ photo/Getty Images

すでにエージェントと会談を持ったか

現在バイエルン・ミュンヘンにローン移籍している、バルセロナMFフィリペ・コウチーニョ。1シーズンのローンとなっているが、バイエルンは買取りオプションを行使しないと見られており、ドイツでもスペインでもコウチーニョの居場所は無くなってしまいそうな状況だ。

そんなコウチーニョに、プレミアリーグ復帰の目が出て来たようだ。英『Daily Mail』は、アーセナルがコウチーニョを狙っていると報じている。

同紙によれば、アーセナルのミケル・アルテタ監督は、攻撃的な中盤または左ワイドの位置で使えるコウチーニョを高く評価しており、移籍を切望しているとのこと。また仏『Le 10 Sport』によれば、アーセナルはすでにコウチーニョのエージェントと話し合いを行っているようだ。

リヴァプール在籍時は152試合で41ゴール。チャンスメイクでも冴えを見せ、まさに攻撃を牽引していたコウチーニョ。一方アーセナルはFWピエール・エメリク・オバメヤンやFWアレクサンドル・ラカゼットの移籍が取りざたされるほか、MFメスト・エジルとの契約もあと1年に迫っている。アルテタ監督が新たな攻撃の牽引車としてコウチーニョに白羽の矢を立てたとしても、不思議はない。

攻撃陣の大幅な刷新を迫られるアーセナルに、果たしてコウチーニョはやってくるのか。なお、プレミアクラブではアーセナルのほか、チェルシーが彼に興味を示していることも伝えられている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ