無名だった“35万ユーロ”のサムライ・香川の名も クロップ最高の補強TOP10

香川を大きく成長させたクロップ photo/Getty Images

No.1に選ばれたのは

これまでマインツ、ドルトムント、そしてリヴァプールを指揮してきた名将ユルゲン・クロップは、安価ながら的確な補強を連発してきた人物だ。

では、クロップの監督キャリアの中でNo.1補強はどれだろうか。今回英『GIVE ME SPORT』はドルトムント&リヴァプール時代に獲得した選手をランキング化。クロップの補強で最もヒットしたのは誰かを選んでいる。

10位:香川真司(ドルトムント)

9位:アンドリュー・ロバートソン(リヴァプール)

8位:マルコ・ロイス(ドルトムント)

7位:ピエール・エメリク・オバメヤン(ドルトムント)

6位:アリソン・ベッカー(リヴァプール)

5位:サディオ・マネ(リヴァプール)

4位:モハメド・サラー(リヴァプール)

3位:マッツ・フンメルス(ドルトムント)

2位:ロベルト・レヴァンドフスキ(ドルトムント)

1位:フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)




ランキングの結果はこうなった。やはり日本のサッカーファンとしては香川の位置が気になるところだろう。

香川は2010年にセレッソ大阪から僅か35万ユーロの金額でドルトムントへ移籍し、ブンデスリーガ連覇に大きく貢献した。

欧州ではほぼ無名ながら早々にフィットした香川、ビッグクラブでのプレイ経験が無かったにもかかわらず世界最高の左サイドバックの1人と言われるまでに成長したロバートソン、同じく無名に近いところから世界最高のセンターバックの1人となったフンメルスと、世界最高のストライカーの1人となったレヴァンドフスキ。

この4人は、今回のTOP10の中でも実にクロップらしい補強と言えよう。安価で獲得してワールドクラスへ育てるクロップの特長がよく出ている。

ただ、それらを抑えて1位に選ばれたのはファン・ダイクだ。サウサンプトンでプレイしていたファン・ダイクの獲得には7500万ポンドと超高額な移籍金を支払っているが、これでも安いと言われるほどファン・ダイクの補強は大きかった。チームをチャンピオンズリーグ制覇へ導いたことを考えても、ファン・ダイク1位は妥当か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ