21世紀のCL決勝“最強のMOM”は誰!? 名DF2人を練習のように翻弄したFW

マンUを粉砕したバルセロナのメッシ photo/Getty Images

歴代決勝の中で最強の戦士

21世紀以降、チャンピオンズリーグ決勝の舞台で最も輝きを放った選手は誰だろうか。

当たり前だが、決勝には準決勝までとは異なる特別な緊張感が漂う。その空気の中でチームを勝利へ導く特別なパフォーマンスを披露するのは極めて難しいものだ。

興味深いランキングを作成したのは英『Squawka』だ。同メディアは、「チャンピオンズリーグ決勝にてMOMを受賞した中で、最も輝いた選手」ランキングを作成。21世紀以降、決勝で1番の輝きを放ったMOMプレイヤーを選んでいる。

10位:ディエゴ・ミリート(インテル/2009-10)

9位:ガレス・ベイル(レアル・マドリード/2017-18)

8位:アンヘル・ディ・マリア(レアル・マドリード/2013-14)

7位:アリエン・ロッベン(バイエルン/2012-13)

6位:ディディエ・ドログバ(チェルシー/2011-12)

5位:オリバー・カーン(バイエルン/2000-01)

4位:スティーブン・ジェラード(リヴァプール/2004-05)

3位:シャビ・エルナンデス(バルセロナ/2008-09)

2位:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード/2001-02)

1位:リオネル・メッシ(バルセロナ/2010-11)




1位に選ばれたのは、2010-11シーズンにマンチェスター・ユナイテッドを撃破したメッシのパフォーマンスだ。

マンUの最終ラインを統率するのはリオ・ファーディナンド&ネマニャ・ビディッチの2人で、技術はもちろん経験も豊富なパーフェクトコンビだ。同メディアはその2人が練習用のコーンに見えたと表現しているが、確かにこの日のマンUはメッシに振り回されていた。

メッシは後半に強烈なミドルシュートから決勝点を奪っており、3-1のスコア以上にバルセロナとマンUの間には実力差があったように感じられる。

イスタンブールの奇跡を起こしたリヴァプールのジェラード、レヴァークーゼン相手に伝説の左足ボレーを叩き込んだジダンも、当時のメッシの輝きには敵わなかったか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ