CL優勝した夜から練習始める!? 改めて振り返るC・ロナウド仰天伝説

マンU時代に1度CLを制しているロナウド photo/Getty Images

向上心が凄すぎる

現在ユヴェントスで活躍するクリスティアーノ・ロナウドが練習の鬼なのは有名だが、その自分を追い込むレベルは他の選手と比べ物にならない。

ロナウドの従兄弟でもあるヌーノ・ヴィヴェイロスさんが以前明かしていたが、ロナウドはチャンピオンズリーグを優勝した日にも練習していたというのだから驚きだ。

英『Sportbible』が改めてその逸話を振り返っているが、ヴィヴェイロスさんが語ったのは2007-08シーズンのチャンピオンズリーグ決勝のことだ。当時のロナウドはまだマンチェスター・ユナイテッドでプレイしており、決勝ではチェルシーをPK戦の末に撃破。ロナウドにとってはこれが初のチャンピオンズリーグ制覇だった。

本来ならばチームメイトと大騒ぎしたいところだが、ロナウドは派手な祝勝会をしなかったとか。すぐに練習するためだ。

「私はクリスティアーノとマンチェスターで5年間暮らしていたが、忘れられない経験だよ。チームがチャンピオンズリーグを制した日の夜、クリスティアーノがマンチェスターに戻って何をしたか知っているかい?チャンピオンになったのに、練習しに行ったんだ。その時彼は23歳、彼はそういう人なんだ」

23歳の若さでチャンピオンズリーグ制覇に浮かれないとは恐ろしい。そのメンタリティがロナウドを今のレベルまで引き上げたのだろう。

思えば当時の決勝でロナウドはゴールこそ決めたが、PK戦では自身も失敗している。チェルシーのジョン・テリーが足を滑らせて失敗したことからマンUに勝利が転がり込んできたが、あの時ロナウドが泣いていたのも懐かしい。

ロナウドとしては決勝のパフォーマンスに納得がいかなかったのかもしれない。決勝でも結果オーライにならないところがロナウドの凄さだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ