フリーキック精度は“ダーツ界”の英雄譲り? シグルズソンが語る引退後の道

アイスランド代表のシグルズソン photo/Getty Images

父と同じ道へ進む考えも

フリーキックなどセットプレイも高い精度を誇り、アイスランド代表の英雄的存在となっているのがMFギルフィ・シグルズソンだ。

主にスウォンジー、現在プレイするエヴァートンなどプレミアリーグで結果を残してきたシグルズソンは、EURO2016でも躍進したアイスランド代表に欠かせぬキープレイヤーだ。

そんなアイスランドサッカー界のレジェンドと言ってもいいシグルズソンだが、実はお父さんもレジェンドなのだ。

と言っても、お父さんはサッカー界のレジェンドというわけではない。シグルズソンの父・アダルステンションさんは、ダーツ界のレジェンド的存在だという。

英『sky Sports』によると、シグルズソンも引退した後にダーツの道へ進むことを検討しているようで、偉大なる父に続く存在になるかもしれない。

「父はアイスランドではメジャーでなかったかなり前からダーツを始めていたんだ。何度かアイスランドではチャンピオンにもなっている。今では年齢を重ねたこともあるし、若手も多く出てきた。良い感じの競争があるんだ。もしかしたら僕もサッカー選手のキャリアが終わった時、少しダーツをやるかもね」

シグルズソンはフリーキックも得意とするキックのスペシャリストだが、的を捉える感覚はダーツ界のレジェンドである父から受け継がれたものなのかもしれない。手と足では感覚が違うものの、シグルズソンのダーツ挑戦はなかなかに楽しみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ