C・ロナウドも真っ青!? サッカー界“最恐”のフィジカルモンスターが恐ろしい[映像アリ]

もはや腕の太さがサッカー選手のそれじゃない photo/アキンフェンワのInstagramより

ロングボール収めまくる映像が注目集める

現サッカー界にこの男を超えるパワーモンスターは存在しないかもしれない。

あまりメジャーな存在ではないが、サッカー選手とは思えぬパワーを備えた人物として知られているのがイングランドのウィコム・ワンダラーズでプレイするFWアデバヨ・アキンフェンワだ。

トップクラブでプレイした経験はないものの、パワーだけは間違いなく世界トップクラスだ。先日もアキンフェンワのこのような映像が注目を集めた。




前線でロングボールを収めている映像だが、もう相手DF陣が対応に四苦八苦している。また、想像以上に足下の技術も柔らかい。ポストプレイも得意としているようで、下位リーグでプレイするDFがこのような怪物FWを抑え込むのは難しいだろう。










何より腕の太さが圧倒的で、腕の力だけで相手DF陣を制圧することもできるはず。すでに38歳と大ベテランの領域だが、まだまだパワーは衰えていないようだ。

またこの肉体から、ブラジル代表でも活躍していた上海上港FWフッキと比較されたこともある。まさに怪物VSハルクといった戦いで、フッキもサッカー界トップクラスのパワーを持っているFWとして有名だ。




クリスティアーノ・ロナウドもフィジカルマシーンとして有名ではあるものの、単純なパワー勝負ならばアキンフェンワとフッキは現サッカー界TOP2と言っていいかもしれない。パワーだけで成功できるほどサッカーの世界は甘くないが、このような選手がいるのも面白いものだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ