クリバリ、ウパメカノらDFが熱い 今夏に“センターバック大移動”の可能性

ナポリのクリバリも注目 photo/Getty Images

各クラブがセンターバック獲りに本腰

新型コロナウイルスの影響もあるため、今後の移籍市場がどう動いていくのかは分からない。ただ、市場が開けば「一流センターバック争奪戦」が起こる可能性がある。

スペイン『MARCA』が取り上げているが、今はセンターバック人気が高い。例えばスペインでは、バルセロナDFサミュエル・ウムティティに移籍の可能性がある。実力があるのは間違いないため、ウムティティ獲得へ動くクラブも出てくるかもしれない。

他にもセビージャのディエゴ・カルロス、ヘタフェのダコナム・ジェネ、ビジャレアルのパウ・トーレス、アスレティック・ビルバオのウナイ・ヌニェス、レアル・ソシエダのディエゴ・ジョレンテは人気を集めている。

イタリアからは、ついにナポリの大物DFカリドゥ・クリバリに移籍案が浮上している。超がつく一流センターバックであり、世界最高クラスの実力者を巡って争奪戦が起こるのは間違いない。本来ならば獲得に1億ユーロはかかるであろう選手だ。

他にもユヴェントスでポジションを掴めていないダニエレ・ルガーニ、インテルで真価を発揮できていないディエゴ・ゴディンの動きにも注目が集まる。

イングランドからは、マンチェスター・シティのジョン・ストーンズ&ニコラス・オタメンディに退団の話題が出ている。どちらもジョゼップ・グアルディオラの要求に100%応えているわけではなく、マンCも一流センターバック獲得へ動いてくるだろう。この2人が構想外となる可能性は高い。

トッテナムではベテランのヤン・ヴェルトンゲンの動きも注目されている。

最後にフランスとドイツだが、フランスではパリ・サンジェルマンの大物ベテランDFチアゴ・シウバの動向に注目が集まっている。チアゴ・シウバはクラブとの契約が今夏で満了となり、古巣のミラン復帰など様々な案が出ている。ピークは過ぎたかもしれないが、その経験値は大きなプラスとなるはずだ。

フランスで大物ベテランDFのチアゴ・シウバが注目を集めているのに対し、ドイツは大物若手センターバックが話題だ。ライプツィヒのダヨ・ウパメカノである。

今夏の市場で最も注目されている若手実力派センターバックの1人で、アーセナルやバルセロナなど関心を示しているクラブは多い。間違いなく今夏の目玉選手だ。

彼ら超豪華なセンターバック陣の動きには今後も注目が集まっていくはず。今夏にセンターバック大移動が起こる可能性もあり、ここは1つの注目ポイントだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、こんな今だからこそ振り返りたいCLの名勝負を一挙に振り返り! おなじみ、うじきつよし氏によるCL裏話的なインタビューも掲載です。「ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーーー!!」も元気に連載中!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ