南野拓実の大活躍は「時間の問題」 日本人FWが真価を発揮する日は近い

今冬リヴァプールに加入した南野 photo/Getty Images

ザルツブルク監督が太鼓判

今冬大きな注目を集めてザルツブルクからリヴァプールに加入した日本代表FW南野拓実。しかし、昨季欧州王者の選手層は厚く、同選手はなかなかプレイタイムを確保できていない状況が続いている。リヴァプールの前線はお馴染みの3トップということもあるが、加入以降の出場数「7」は少し寂しい数字か。

とはいえ、南野はチームにアジャストしている最中の選手。すでに完成しているチームで新参者にいきなり大活躍を求めるのも酷な話だろう。徐々にフォームを上げていきたいところだ。

ザルツブルクで南野を指導したジェシー・マーシュ監督も、このサムライは時間の経過とともにリヴァプールへフィットするだろうとの見解を示している。米『ESPN』のインタビューに応じた同監督は、今季前半戦に自軍攻撃陣の中心にいた男について次のように語った。

「私がこのクラブ(ザルツブルク)に到着した時、タキはチームで大きな役割を担うだろうと思ったよ。彼はスマートで、とてもクレバーな選手だったからね。タキは一気に爆発するタイプではないけれど、サッカーを理解している。彼はプレイと戦術において、最終的に何を達成すればいいかをわかっているんだ」

「リヴァプールには彼よりも経験豊富で才能ある選手がたくさんいる。タキがそこに馴染むには少し時間がかかるかもね。だけど、私は時間が経つにつれてタキが前線のどこでもプレイできるようになると思っているよ。とても賢い選手だからね。リヴァプールのトレーニングではとてもうまくやっているという話も耳にしたよ。でも、試合では少し苦戦しているね。少し時間はかかるかもしれないが、タキは熱意を持ってプレイすることを私は知っているし、毎日良くなっていくと思うよ。活躍するのは時間の問題だと思うね」

南野を「スマートでクレバーな選手」と評し、リヴァプールで活躍するのは時間の問題と話したマーシュ監督。オーストリアで共闘したサムライの才能には同監督も惚れ込んでいるようだ。

今はまだ発展途上にある南野。はたして、彼がリヴァプールで真価を発揮するのはいつになるか。これまで関わった人、活躍を見守ってきた人すべてがイングランドでの大爆発を期待している。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、こんな今だからこそ振り返りたいCLの名勝負を一挙に振り返り! おなじみ、うじきつよし氏によるCL裏話的なインタビューも掲載です。「ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーーー!!」も元気に連載中!!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ