またまた“カカー2世”が現れた バルサ、レアルが狙う21歳の才能

サンパウロのイゴール・ゴメス photo/Getty Images

新たなるブラジル人MFへの注目

今冬にフラメンゴからレアル・マドリードに加わることになった17歳のブラジル人FWレイニエル・ジェズスもカカー2世と呼ばれていたが、今新たなカカー2世が注目を集めている。

その選手とは、ブラジルのサンパウロでプレイする21歳のMFイゴール・ゴメスだ。183cmの攻撃的MFであるゴメスは、すでにサンパウロで公式戦44試合に出場している主力プレイヤーだ。

スペイン『as』はゴメスのことを「進化版カカー」と呼んでおり、すでにアヤックス、バルセロナ、セビージャ、レアル・マドリードといった欧州の強豪クラブが目をつけているという。

レイニエルはレアルに加わったが、近年はレアルがブラジルの若手発掘にかなり力を入れている。ゴメスもそのレーダーに引っかかったというわけだ。

カカー本人もプレッシャーはかけられないと前置きしながらも、ゴメスのことを自分に似ていると表現している。

「比較は良いことではないし、彼にプレッシャーをかけることになる。だけど、彼のプレイスタイルが僕を思わせるのは事実だよ」

前述したレイニエル、ミランでプレイするMFルーカス・パケタなど、最近はカカー2世と呼ばれる選手が急増している。呼ばれる本人にとってはプレッシャーでしかないが、この中からカカー級のプレイヤーへと成長する者は出てくるのか。

ゴメスはU-23ブラジル代表でのプレイ経験も持っており、また1人楽しみな若手アタッカーが欧州へやってくるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ