プレミアで最も“賢い”守備者? ファウルはしても絶対にカード貰わないDF

チェルシーの主将を務めるアスピリクエタ photo/Getty Images

チェルシー引っ張る主将の驚愕データ

屈強なアタッカーを相手していれば、どんなに優秀な守備者であっても何回かはファウルを犯してしまうことだろう。サッカーには“プロフェッショナルファウル”という用語があるように、ルールで定められた範囲内でファウルを犯すことは戦術のうちとして扱われることも。DFは失点を防ぐことが最優先の任務だけに、これは仕方のないことと言える。

その中で、時には決定期阻止などでカードを貰ってしまうこともある。不用意なプレイで警告を受けるのはいただけないが、長いシーズンを戦っていればDFのカード数はどうやっても増えてしまうのが常だ。

しかし、今季ここまでプレミアリーグで27試合に出場しながら、未だにイエローカードやレッドカードを1枚も貰っていないDFがいる。チェルシーの主将セサル・アスピリクエタだ。

決してファウルを犯さないわけではない。実際、今季アスピリクエタはリーグ戦で31回のファウルを犯している。多くはないが、決して少なすぎるというわけでもないだろう。だが、彼は今季プレミアで30回以上ファウルを犯した選手の中で、カードを1枚も貰っていない唯一のDFというのだから驚きだ。ベテランDFの守備がいかにクレバーかが見て取れると言っていい。長年の経験の賜物か。

今季プレミアで“絶対にカードを貰わない男”となっているアスピリクエタ。はたしてリーグ戦が再開された後、同選手はシーズン終了までこの記録を守り続けることができるか。リーグトップクラスの“賢い”守備をする男がチェルシーにいる。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、ついにプレミア制覇に手をかけたリヴァプール! レッズを徹底解剖します。人気お笑い芸人・ぺこぱシュウペイの新連載もスタート!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ