“ベッカム風”なイケメンMF覚醒 必殺の右足で得点数が3倍も増加していた

ライプツィヒのザビッツァー photo/Getty Images

甘いマスクに長い髪も目を引く

今季より青年指揮官ユリアン・ナーゲルスマンが率いるライプツィヒにて、25歳のMFが急激に伸びている。

ブンデスリーガ公式がデイビッド・ベッカム風のプレイスタイルと評したのは、ライプツィヒMFマルセル・ザビッツァーのことだ。

ザビッツァーもかなりのイケメンプレイヤーだが、同サイトが絶賛するのはキック精度だ。ベッカムが右足1本で世界を魅了したのは有名だが、ザビッツァーも高精度なキックを武器に今季15得点8アシストの成績を残している。

その中には直接フリーキック、チャンピオンズリーグで披露した見事なボレーシュートも含まれる。昨季5得点しか奪えなかったことを考えると、今季の得点数増加は印象的だ。FWティモ・ヴェルナーやMFクリスティアン・エンクンクなどナーゲルスマンの下で覚醒している選手は多いが、ザビッツァーもその1人というわけだ。

「私は常に中盤から得点を加えられる選手が欲しいと言ってきた。彼はその通りのことをしている。彼はチームにとっても、私にとっても非常に重要だ」

ナーゲルスマンも以前このようにザビッツァーも称賛していた。甘いマスクに後ろで束ねた髪型など、少し外見もベッカムを思わせるところがある。イケメンのオーストリア版ベッカムの右足から今後も目が離せない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ