レアル・大エースの姿はどこへ まさかの12試合で2ゴールの現状に不安

レアルのベンゼマ photo/Getty Images

快調に飛ばしていたが……

リーガ・エスパニョーラで首位に立ったと歓喜したのも束の間、レアル・マドリードがあっさりとバルセロナに首位を譲ってしまった。

16日にはセルタに2-2、22日にはレバンテに0-1で敗れてしまい、格下相手にまさかの躓きだ。26日にはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでマンチェスター・シティと対戦することになっているため、それを前に不安な2試合となってしまった。

不安はそれだけではない。スペイン『MARCA』が問題視しているのは、今季好調を維持していたFWカリム・ベンゼマの急ブレーキだ。

ベンゼマは今季開幕から快調にゴールを積み重ねており、当初はバルセロナFWリオネル・メッシと得点王争いを繰り広げていた。ところが、ベンゼマは全てのコンペティションを含めると直近12試合で2点しか奪えていない。

リーグ戦では3試合連続無得点となっており、ペースは明らかに落ちている。ベンゼマが現レアル最大の得点源だっただけに、ここでのペースダウンは心配だ。

しかもレバンテ戦では復帰したばかりのFWエデン・アザールが負傷交代することになり、こちらも合わせて不安材料だ。やや嫌な形でマンC戦を迎えることになったが、この大一番でエースは目を覚ますか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ