全盛期の“ネイマール級”!? ドルトムントの19歳はもうワンダーキッドではない

ドルトムントのサンチョ photo/Getty Images

大舞台でも存在感を発揮

18日に行われたドルトムントVSパリ・サンジェルマンのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでは、両チームが抱える豪華な攻撃陣に注目が集まっっていた。

パリの方ではネイマール、キリアン・ムバッペ、ドルトムントの方はジェイドン・サンチョ、アーリング・ハーランドだ。2得点を奪ったハーランドはもちろんだが、英メディアが絶賛したのは若きイングランド代表のサンチョだ。

ボールをロストするシーンもあったが、サンチョは19歳とは思えぬ落ち着きを披露。カウンターアタック時にはスピードに乗ったドリブルを見せるなど、能力の高さは十分に示せたのではないか。

ネイマールは貴重なアウェイゴールを奪ったが、英『BT Sport』で解説を務めたオーウェン・ハーグリーブス氏は「サンチョのパフォーマンスは全盛期のネイマールのようだった」と評価。ネイマールの方がボールロストの機会も目立ったため、サンチョの方がハイレベルだったと評価することもできる。

また英『90min』も「単なるワンダーキッドではない」と絶賛。すでにビッグクラブでプレイするだけのクオリティは備えており、EURO2020を戦うイングランド代表でも先発に名を連ねるのは間違いないとまで伝えている。

ドルトムントは攻撃のキーマンであり、サンチョにとっては頼れる先輩アタッカーだったマルコ・ロイスを欠きながら1stレグで2-1の勝利を収めた。若い選手たちにとって自信になったのは間違いなく、2ndレグでもこのパフォーマンスを維持できるのか楽しみだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD最新号は、セリエA! 昨季までとは打って変わって激しい優勝争いが繰り広げられるイタリア・セリエAは新フェーズに突入。ユヴェントスを止めるのはどこなのか。いま、再びイタリアが面白い!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ