19歳のゴールラッシュはいつまで続く 得点量産する若きFWへの絶賛止まず

PSG戦で2ゴールの大活躍を披露したハーランド photo/Getty Images

「本当に規格外」

ドルトムントに19歳がまた爆発した。現地時間18日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのパリ・サンジェルマン戦でドルトムントの19歳FWアーリング・ハーランドは2得点の大活躍。チームを2-1の勝利に導いた。

これでハーランドはドルトムント移籍以降に出場した公式戦7試合で11ゴール目。今季ブレイクした19歳は新天地でも規格外のペースで得点を量産している。前評判に違わぬ活躍ぶりだ。期待以上と言ってもいいかもしれない。

そんな絶好調のハーランドには各方面から絶賛の声が寄せられている。かつてバイエルン・ミュンヘンやマンチェスター・ユナイテッドで活躍したオーウェン・ハーグリーブス氏も、この19歳にはメロメロのようだ。このPSG戦後、同氏が次のようにこの若きストライカーへ賛辞を送ったことを英『Daily Mail』が伝えている。

「ハーランドはあらゆるタイプのゴールを決めているね。彼はコツを心得ているよ。誰も指導できないものを持っている。本当に規格外だ。ストライカーとして完成されているように見えるね。まだ19歳の選手だけど、致命的なフィニッシャーになっていると思うよ。ピッチに立っているのは若い選手だけでないというのにね。彼は近いうちに世界一のストライカーになれる選手だ」

ドイツでも勢い衰えぬ若者をベタ褒めしたハーグリーブス氏。はたして同氏の予言通り、ハーランドは数年後に“世界一”のストライカーの地位を確立できるのだろうか。ドルトムントで暴れる新世代の点取り屋。その物語はまだ始まったばかりだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ