“2017年以来”のゴール 本田圭佑ともプレイした天才MFを覚えているか

ベンフィカのターラブト photo/Getty Images

注目されながら苦しいキャリアに

若い頃より天才肌のテクニシャンと絶賛され、ジネディーヌ・ジダンと比較されたこともある実力者に2年ぶりのゴールが生まれた。

今回スペイン『MARCA』が取り上げたのは、ポルトガルの名門ベンフィカでプレイするMFアデル・ターラブトだ。ターラブトといえばミランで本田圭佑ともプレイしたことがあるアタッカーで、トリッキーな技を持つ実力者だ。

しかし、これまでのキャリアは少しばかり地味なものだった。トッテナムで結果を残せず、イングランドのQPRで長くプレイ。ミランでも特大のインパクトは残せず、ベンフィカでも主力になるまでに時間がかかった。

そんなターラブトに1月31日のベレネンセス戦でベンフィカ移籍後初得点が生まれた。ターラブトが最後に得点を決めたのはジェノアでプレイしていた2017年10月25日のナポリ戦となっているため、2年以上ゴールがなかったわけだ。

ターラブトも「最初のゴールが嬉しいよ。ゲーム前にはルイ・コスタが僕に得点を決めるだろうと言っていたんだけど、それが実現したね」と喜びをアピールしている。

同メディアは2007年にターラブトがトッテナムへ移籍した際、チームメイトだったジャーメイン・ジーナスが「ジダンと契約したのかと思った」と語っていたことも取り上げている。

そんなターラブトも30歳を迎えた。今季のターラブトはリーグ戦でも15試合に出場しており、ここから得点ペースを上げていきたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ