ペップ、アグエロの後任探しを認める 「難しいんだ。ストライカーは数字だから」

アグエロほど数字を残せるストライカーはそうそういない photo/Getty Images

アグエロの契約は来季まで

マンチェスター・シティで長年、最前線に君臨してきたFWセルヒオ・アグエロ。その恐ろしい決定力でゴールを量産してきた彼も32歳となり、契約は来季終了まで。その時点でチームを離れるのではないかと言われている。

プレミアを席巻してきたシティも、中心メンバーが入れ替わる時期だ。DFヴァンサン・コンパニは既にチームを去り、MFダビド・シルバは今季までということが明言されている。そしてアグエロも遠くない将来、チームを去ることになる。シティではストライカーの序列がアグエロから若いガブリエウ・ジェズス優先に移りつつあるが、将来を考えればそれも仕方のないことだ。

チームを率いるペップ・グアルディオラ監督は、英『Daily Mirror』に、ストライカー探しの難しさを語り、アグエロ放出後のストライカーを探していることを認めている。

「ストライカーの場合、ダビド(・シルバ)や他の選手とはまったく異なるアプローチなんだ。ストライカーとは数字であり、ゴールの匂いを感じるということだから。それを見つけるのは簡単じゃないんだ。すべてのビッグクラブが、その種の選手を必要とすると思うよ。セルヒオが元気でハッピーなときは、彼はなんでもできる」

「我々には新しい、才能ある選手を調査する部門がある。彼らは私に探したプレイヤーについて話し、ハイライトを見せてくれるが、その特殊なスキルを詳しく調べる時間はないんだ」

出場機会が減少気味とはいえ、今季もすでにリーグ戦16ゴールを挙げているアグエロ。先日も圧巻のハットトリックを見せ、外国人最多得点記録を更新したばかりだ。彼ほどハッキリと数字を残せるストライカーがそうそう転がっているはずもなく、ペップは頭を悩ませているだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ