1試合パス成功数“145本” バルセロナの中心に天才パサーが帰ってきた

長きにわたってバルセロナのパスワークを支えるブスケッツ photo/Getty Images

中盤支配に欠かせないベテランMF

バルセロナにパスサッカーが戻ってきた。エルネスト・バルベルデ前体制では全体のバランスを考慮し縦に速いサッカーを展開していた同クラブだが、新たに就任したキケ・セティエン監督の下ではクラブの伝統であるショートパスを主体としたサッカーに回帰。初陣となったリーガ・エスパニョーラ第20節グラナダ戦では1-0の勝利を収め、早くも指揮官交代の効果が見て取れた。前節までリーグ戦直近4試合で3つも引き分けがあっただけに、ファンは胸を撫で下ろしていることだろう。

セティエン監督就任の効果はグラナダ戦でのチームスタッツからも見て取れる。この試合でバルセロナが繋いだパスの本数は実に1017本。うちショートパスは925本となっており、成功率も92%と安定している(スタッツはデータサイト『WhoScored』より)。実に“ヨハン・クライフ信奉者”として知られるセティエン監督らしいスタッツだ。結果と美学の両方を追い求めるバルセロナの監督としてはうってつけの人物と言えよう。

そんなパスサッカーに回帰したバルセロナの中で、再びかつての輝きを取り戻そうとしている選手がいる。MFセルヒオ・ブスケッツだ。バルベルデ前監督の下では出場機会が安定せず、「ピークを過ぎた」との指摘も受けていた同選手。しかし、これは見当違いだったか。ブスケッツはグラナダ戦でチームトップとなる145本ものパスを通してみせたのだ。

これは今季のリーガ・エスパニョーラにおける1試合あたりの最多パス成功本数。セティエン監督が展開するサッカーの中で、31歳のベテランMFは最高級の輝きを放っていた。この試合でバルセロナが80%超えのボールポゼッション率を達成できたのは、彼の尽力が大きかったことは間違いない。

やはりバルセロナにはこの男が必要か。セティエン監督もブスケッツが披露したパフォーマンスには満足していることだろう。復活したバルセロナの中盤支配。成功のカギを握るのは、中盤の底からゲームを組み立てるベテランMFだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ