決定機逸のマルシャルに“鬼の闘将”もイライラ「十分ではない」

絶好の決定機を逃す

19日に行われたリヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドのゲームは、2-0でリヴァプールが完全勝利。マンUは第9節のホームゲームでは1-1と引き分けたものの、“要塞”アンフィールドでは終始押し込まれ、終了間際にダメ押しのカウンターを浴びて力尽きた。

それでも、マンUにまったくチャンスがなかったわけではない。かつてマンUでキャプテンを務めたロイ・キーン氏はコメンテイターを務める『sky sport』で、決定機を外したFWアントニー・マルシャルに苦言を呈している。

「マンチェスター・ユナイテッドでの彼のキャリアをまとめると、目標を達成する必要がある、となる。つまり彼はユナイテッドにとって、十分ではないと思う」

マルシャルは59分にアンドレアス・ペレイラからのリターンパスをボックス内で受けると、そのままファーサイドを狙ってシュート。崩しは見事だったが、しかしシュートは大きく外れ、ゴール上方に飛んで行った。共に出演していたパトリス・エブラ氏も、マルシャルが得点すべきだったと付け加えた。

「マンチェスター・ユナイテッドのストライカーなら、このチャンスはネットに沈めなければならない。これは見逃して欲しくないチャンスだったね」

マルシャルは今季ここまでプレミアリーグで8ゴール、3アシスト。決して悪い数字ではないが、マンUのストライカーに期待されるものはそれだけ大きいのだ、と言いたいのだろう。

相棒のFWマーカス・ラッシュフォードも背部の疲労骨折が明らかになり、なおのことマルシャルにかかる期待は大きい。マルシャルは残りのシーズンで、口うるさい先輩たちを黙らせることができるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ