“3カ月”でレフティーの居場所がなくなった!? 激変した白い巨人の中盤

レアルのハメス photo/Getty Images

3か月前は出番があったが……

昨年10月19日のマジョルカ戦より、レアル・マドリードは別のチームへと生まれ変わった。格下・マジョルカ相手に0-1で敗れた屈辱の日から、ここまで1度も黒星がないのだ。

称賛されているポイントはいくつもあるが、好調の要因の1つにMF陣の頑張りが挙げられる。すっかり重要な戦力となった21歳のフェデリコ・バルベルデ、相変わらず不動のアンカーであるカゼミロ、復活したトニ・クロース、イスコ、ルカ・モドリッチ。マジョルカ戦以降はこの5人が中心となって中盤の支配力を高めてきた。

そんな中、すっかり6番目以降のMFとなってしまったのがハメス・ロドリゲスだ。スペイン『as』は「ハメスが居場所を見つけられていない」と伝えているが、ハメスは0-1で敗れたマジョルカ戦から負傷離脱してしまった。

マジョルカ戦までは定期的にプレイしており、10月5日のグラナダ戦では得点も記録。バイエルンへのレンタル移籍を経て、再びジネディーヌ・ジダンの信頼を掴んだのではないかと評価されたのだ。

ところが、ハメスが負傷している間に中盤の序列は変わってしまった。同メディアは一歩進んで一歩後退と伝えているが、その表現もしっくりくる。良いスタートを切ったかと思いきや、負傷でまた後退してしまったのだ。

ハメスにはカルロ・アンチェロッティが指揮するエヴァートンからの関心も噂されているが、もう1度レアルでポジションを奪い返すことは可能だろうか。今季のスタートは悪いものではなかっただけに、この3カ月間は非常に悔やまれるものとなってしまった。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ