“トルコの英雄”がUberの配達員に 輝かしいキャリアからドン底への転落人生

日韓W杯では日本代表とも対戦したシュキュル photo/Getty Images

「私には何も残っていない」

かつてガラタサライやインテルなどでプレイした元トルコ代表FWハカン・シュキュルが、引退後の壮絶な人生を明かした。

現在48歳のシュキュルは、現役時代にトルコ代表として112キャップを記録し、2002年の日韓W杯では日本代表などを退けて母国を初の3位へ導いた英雄だ。代表通算得点数も51ゴールと、同国代表史上最多となっている。また、クラブではパルマ時代に元日本代表MF中田英寿氏ともチームメイトだった。

そんな輝かしいサッカーキャリアを持つシュキュルだが、引退後はその名声を活かして政治家へ転身。2011年にエルドアン大統領(当時は首相)が党首を務める公正発展党から選挙に出馬し、トルコ大国民議会の議員に選出された。しかし、2013年に離党すると、その後はエルドアン大勢の打倒を狙うクーデターの首謀者のひとりという疑惑をかけられ、加えてSNSで大統領に関する非難をしたとして指名手配されてしまう。その結果、逮捕を逃れるべく2015年にトルコからアメリカへ亡命し、現在に至る。

現役時代はトルコの英雄として称えられたが…… photo/Getty Images

そんなシュキュルがドイツ『WELT AM SONNTAG』のインタビューで次のようなコメントを残した。

「私には何も残っていない。エルドアンが全てを奪い取った。自由に対する権利や表現の自由、働く権利とかね。あのクーデターにおいて、私の役割がなんだったのかを説明できないのにだ。私は違法なこと一度たりともしたことはない。裏切り者でも、出ろリストでもないからね。あの政府にとって私は敵かもしれないが、国やトルコ国民の敵ではないよ。私は国が大好きだからね」

「エルドアンと別れた後、私は脅迫を受け始めた。妻の店が攻撃され、子供たちが嫌がらせを受け、父が刑務所に入れられ、私の資産は全て没収されてしまったんだ。だから、私はアメリカへ移った。最初はカリフォルニアで影を経営していたんだが、そこにも変な人たちがやってきたりしたよ。そのため、今はUberの配達員をしたり、本を売ったりして生活している」

母国を追われ、アメリカの地で過ごす苦しい現状を告白したシュキュル。いつに日か愛する母国へ帰れる日は来るのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ