札幌MFチャナティップが欧州挑戦か 代理人がスペイン行きの可能性を吐露

Jリーグでも存在感を放つチャナティップ photo/Getty Images

スペインのクラブから関心が

北海道コンサドーレ札幌に所属するタイ代表MFチャナティップが、戦いの舞台をスペインへ移す可能性が浮上した。

現在26歳のチャナティップは“タイのメッシ”の愛称で親しまれ、母国で結果を残すと、2017年に札幌へ移籍。加入当初はレンタル契約だったものの、2018年夏に正式契約を勝ち取った。Jリーグでも得意の鋭いドリブルなどで圧倒的な存在感を放っており、現在ではチームに必要不可欠な選手のひとりとなっている。こういった活躍もあってか、ついに欧州クラブの目にも留まるようになったようだ。

大手スポーツメディア『FOX SPORTS』のアジア版によると、チャナティップの代理人が「リーガ・エスパニョーラ」でプレイするチャンスがあることを明らかにしたとのこと。オファーの詳細や具体的なクラブ名こそ口にしなかったようだが、現在スペインのクラブから関心が寄せられているという。同メディアは「2014年にアルメリアへ短期レンタルしたティーラシンのように、近いうちにスペインへ移籍することは間違いないだろう」と予想している。

はたして、チャナティップは欧州挑戦を決断することになるのか。もし移籍することとなれば、札幌にとっては大きな痛手となってしまうかもしれない。今後の動向にも注目が集まる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ