実際にバルサ復帰説が浮上していた ペドロが語る日本でのエピソード

日本で行われたプレシーズンでバルセロナと対戦したペドロ photo/Getty Images

プレシーズンで対戦した際に

先日、古巣であるバルセロナへの復帰希望を明らかにしたチェルシーの元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲス。32歳を迎えた彼にバロセロナが実際にオファーを出すかは怪しいところ。そんなふうに思った人も多いのではないだろうか。しかし、本人は今夏実際に復帰説が浮上していたと明かしている。

それは日本でのことだったという。プレシーズンマッチでペドロの所属するチェルシーはバルセロナと対戦。その試合にはペドロも出場していたが、試合後に復帰の誘いがあったという。英『Daily Mail』によると、ペドロはこれについて次のように語っている。・

「もしバルセロナが僕を呼ぶのならば、僕は全てを放り出すだろうね。プレシーズンで彼らと対戦した後に、その可能性が浮上したんだ。コーチとも話をしていたよ。でも、扉はすぐに閉ざされてしまった。現時点では何が起こるかわからないね。バルセロナを去ったのは、僕が勇敢だったからさ。ネイマールが加入したことで僕のプレイタイムは減少してしまった。フットボールでは、こういうことがよく起こるんだ」

どうやら、復帰の可能性が浮上したのは一瞬だけだった様子。しかし、バルセロナが獲得を検討していたのは事実のようだ。

今後の状況次第では、バルセロナがペドロを確保しに動くこともありえるのか。今季チェルシーで思うように出場機会を得られていない32歳は今もカンプ・ノウへの帰還を夢見ている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号のテーマは「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?
こちらから無料でお読みいただけます。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ