若手軍団・チェルシーで最大の可能性秘めた男は誰だ カンテが挙げたのは

今季チェルシーで主役となっているマウント(左)とエイブラハム(右) photo/Getty Images

中盤司る20歳

開幕前の移籍市場でFIFAから補強禁止処分を科されながらも、ここまでプレミアリーグで4位と健闘しているチェルシー。11月からなかなか連勝することこそできてはいないが、開幕前に低迷も予想された中でよく戦っていると言えるだろう。

この大健闘の立役者は今夏にレンタル先から復帰した若手たち。MFジョルジーニョやMFマテオ・コバチッチといった昨季から在籍していた選手たちも素晴らしいパフォーマンスを披露しているが、やはり今季のチェルシーはこのヤングスターたちを抜きに語れない。後半戦も彼らのさらなる飛躍には期待がかかる。では、その若手選手たちの中でも最も大きな可能性を秘めているのは誰か。

おそらく、多くの人がFWタミー・エイブラハムを想像するのではないだろうか。ここまでリーグ戦11ゴール。22歳のストライカーはフランク・ランパード監督の下でその才能を開花させている。しかし、MFエンゴロ・カンテがチョイスした選手はこの点取り屋ではない。

「チェルシーの選手の中で、最も大きな可能性を秘めているのはメイソン・マウントだよ。彼のコンビネーションプレイ、シュートテクニック、相手の視界から消える技術。どれを取っても素晴らしい。マウントは試合をよく見ているよ。とても良い選手になることができると僕は思うね」

仏『Canal+』のインタビューに登場したカンテは、自身と同じ中盤で仕事をするMFメイソン・マウントを選んでいる。彼もエイブラハムと同様に今季チェルシーで最も影響力を拡大した若手の1人。マウントの攻撃センスには、“世界最高級MF”との呼び声も高いカンテもメロメロのようだ。

カンテも認めたマウントの底知れないポテンシャル。はたして、この20歳は今後どのようなキャリアを形成していくのだろうか。ゆくゆくはチェルシーを再びプレミア王者、そして欧州王者に導いてほしいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号のテーマは「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?
こちらから無料でお読みいただけます。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ