バルサ黄金期とは異なる“フィールド支配” シャビも称えるリヴァプールの強さ

安定感抜群のリヴァプール photo/Getty Images

圧倒的なハードワークでピッチを支配

シャビ・エルナンデスがバルセロナでプレイしていた時、バルセロナは試合の大半を圧倒的なポゼッションで支配していた。その支配力こそがバルセロナの強みだったのだが、今のユルゲン・クロップ率いるリヴァプールは異なる形でゲームを支配している。

圧倒的なハードワークを軸とした支配だ。英『Liverpool Echo』によると、シャビも今のリヴァプールがアメイジングな強さを誇っていると絶賛する。攻守両面でゲームを支配しており、クロップがチームにもたらすエネルギーを高く評価しているのだ。

「彼らは攻撃するのが非常に難しい相手だ。フィジカルは非常に強く、全てのセカンドボールを奪取してくる。戦術面でも本当にハードワークしている。ゲームの多くのエリアを支配しているんだ。攻撃、守備のトランジションもパーフェクトだ」

「クロップはトレーニングから多くのことを要求しているんだと思う。彼がチームに注入するエネルギーはアメイジングだよ」

リヴァプールの中盤にシャビのような司令塔タイプの選手はいないが、ジョーダン・ヘンダーソン、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、ジェイムズ・ミルナー、ファビーニョなど、とにかくハードに戦える選手が揃う。まさにクロップの理想を叶える戦士が集まったチームであり、今のリヴァプールもまた対戦相手を完璧に支配する存在なのだろう。

プレミアリーグでは首位を快走し、チャンピオンズリーグでも優勝候補だ。仮に今季プレミア制覇とチャンピオンズリーグ制覇のダブルを達成した場合、1つの黄金期がやってきたと言ってもいいかもしれない。シャビがいた頃のバルセロナとはタイプが違う黄金リヴァプールといったところか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ