“爆速”の赤い悪魔を完成させる ブレないスールシャールが1年で築いたもの

マンUを指揮するスールシャール photo/Getty Images

確かなビジョンで作り上げたヤングな集団

2018年12月19日よりマンチェスター・ユナイテッドでスタートしたオーレ・グンナー・スールシャール政権は、間もなく1年を迎えようとしている。

昨季もトップ4には入れず、今もリーグ戦では6位。マンUが劇的に変化したとの印象はない。ただ、スールシャールは確かなビジョンを持って仕事に取り組んできた。徐々にその芽が出てきていると言っていいのではないだろうか。

英『Daily Mail』によると、スールシャールは自身のチーム作りについて「我々は素早いトランジション、スピーディーでパワー、パーソナリティある攻撃的サッカーを取り戻したかった。それが我々のやっていること。私には18ヶ月でどのようなチームになっていたいかとのビジョンがある」と語っていた。

スピード溢れる攻撃サッカーという点においては、マーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャル、ダニエル・ジェイムズらを中心に完成形が見えてきている。前節ではマンチェスター・シティを撃破したが、カウンターに入った時のスピード感はかなりの迫力がある。

ロメル・ルカク、アレクシス・サンチェス、クリス・スモーリングはチームを離れ、ネマニャ・マティッチの出番も減少。代わりにラッシュフォード、スコット・マクトミネイら若い選手をチームの中心に据えるなど、スールシャールはなかなかに大胆な手を打ってきている。

常にリーグ優勝を争っていたアレックス・ファーガソン体制時のマンUに戻るまでには時間がかかるだろう。しかし、スールシャールのおかげでマンUにはようやく進むべき道が見えてきたのではないだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ