バイエルンで輝く19歳の“爆速SB” 後輩につけられたニックネームは……

バイエルンで重要な存在となっているデイビス photo/Getty Images

独メディアもさっそく使用

今季ドイツでアタッカーからサイドバックにコンバートし暴れている19歳がいる。バイエルン・ミュンヘンに所属するアルフォンソ・デイビスだ。

もともとウイングの選手として今年1月にバイエルンにやってきたデイビスは、ニクラス・ズーレやリュカ・エルナンデスなど最終ラインの主力に負傷者が続出したチーム状況もあり今季途中からサイドバックにコンバート。バイエルンの左サイドを支える重要な存在となっている。

そんな彼の最大の持ち味はやはり圧倒的なまでのスピードだろう。ブンデスリーガ公式サイトによると、彼が今季リーグ戦で記録した最高速度は実に時速21.4マイル(約34.4km)。これはブンデス全体におけるトップの数値となっており、いかにこの19歳が規格外のエンジンを持っているかがわかるだろう。

そんなデイビスに面白いニックネームがつけられた。名付け親は彼より歳が1つ下のチームメイトであるジョシュア・ザークツィーだ。デイビスは現地時間11日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節のトッテナム戦に3-1の勝利と勝利したのち、自身のInstagramに「6/6。いい気分だ。今夜もチームのパフォーマンスは素晴らしかったね」とチームのグループステージ全勝を喜ぶ気持ちを投稿。すると、その投稿にザークツィーが「君のことを“ウサイン”と呼ぶことにするよ」と返信したのだ。

言うまでもなく、これは100m走の世界記録保持者であるウサイン・ボルト氏から取ったもの。爆発的なスピードを誇るデイビスにはピッタリのニックネームか。そんな中、独『Sport Bild』はこの2人のやりとりにいち早く反応。デイビスのことを「“ウサイン”・デイビス」と呼んで、トッテナム戦のパフォーマンスを称賛している。ドイツでは早くもこのニックネームが浸透し始めたようだ。

まさかの陸上界からの引用となったデイビスのニックネーム。それだけ彼はサッカー界の枠に収まらないスピードを有しているということか。バイエルンの左サイドを支配する“ウサイン”・デイビスからは今後も目が離せない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ