得点王FWを2人も獲ったのに…… “1-0勝利”を連発しているチームがあった

リーグ3位につけるセビージャ photo/Getty Images

なかなかFWが爆発せず

ここまでリーガ・エスパニョーラで挙げた9勝のうち、5勝が1-0の最少得点スコアというチームが存在する。

必死にバルセロナとレアル・マドリードに喰らいついている3位セビージャだ。セビージャは今夏よりフレン・ロペテギが指揮しており、ロペテギは攻撃的な戦いを好む人物だ。

ポゼッション率もリーグ4位、1試合平均シュート本数もリーグ3位と攻撃面の数字も印象的なのだが、なぜか得点が増えない。今季リーグ戦で3得点以上奪ったゲームはたったの1試合だけで、最少リードを守り抜きながら勝ち点を重ねてきたのだ。

スペイン『MARCA』は、ストライカー陣が十分な働きを見せていないと問題視している。今夏にはPSVからエールディヴィジ得点王のFWルーク・デ・ヨング、ザルツブルクからオーストリアリーグ2年連続得点王のFWモアネス・ダブール、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードで活躍してきたチチャリートことハビエル・エルナンデスを獲得するなど前線に手は加えてきたのだが、結果に繋がらない。

デ・ヨングもここまで僅か2得点に留まっており、リーグ戦でのチームNo.1スコアラーは5得点のルーカス・オカンポスだ。3位に入っているのだから問題ないと考えることもできるが、1-0くらいしか勝ちパターンがないのは寂しい。

最少リードを守り切って勝利を収めるのはディエゴ・シメオネ率いるアトレティコ・マドリードが得意としてきたものだが、今季はセビージャの得意技となっている。

このまま1-0の勝利パターンを続けるのか、それともストライカー陣が爆発するのか。サポーターは後者に期待していることだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ