イタリアの“NEXTエース候補”はどうなる 悪夢のプレミアリーグ4ヶ月

エヴァートンのキーン photo/Getty Images

自身は無得点、チームは降格圏

ユヴェントスで快調なスタートを切り、今後のイタリアサッカー界を引っ張っていくと期待された若きストライカーが大きく躓いた。

リーグ戦11試合に出場して未だ無得点。初のプレミアリーグで大苦戦しているのが、今夏にエヴァートンへ移籍したFWモイーズ・キーンである。

19歳のキーンはマリオ・バロテッリやエヴァートンで活躍したロメル・ルカクらと比較されてきたスケールの大きなFWで、19歳ながらエヴァートンは2750万ユーロもの移籍金を注ぎ込んでいる。

キーンには明るい未来が広がっているはずだったのだが、不運なことに今季はエヴァートンが迷走中だ。近年はキーンを含め積極的な補強に動いていているものの、現在はまさかの18位と残留すら危うい位置にいる。

クラブも我慢の限界を迎えたのか、リヴァプールに2-5で敗れたことを受けて指揮官マルコ・シウバを解任。キーンはエヴァートンでさらなる混乱に巻き込まれる可能性があり、今季はキャリアにブレーキをかけるシーズンとなってしまっている。

伊『Calciomercato』もキーンの未来が不透明になっていると取り上げており、イタリアの数クラブがキーンをレンタルで獲得する案を検討しているという。

同メディアはユヴェントスも候補に含めているが、まずはキーンがもう1度欧州で最も将来が約束された若手ストライカーの1人であることを証明する必要があると伝えている。現状でキーンに魅力を感じるのは難しいのかもしれない。

キーンにとっては初の国外挑戦だったが、エヴァートン行きは完全なるミスだったのか。まだ若いため焦る必要はないが、イタリアサッカー界にとっては不安な状況だろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ