リヴァプールにいる次世代のDFリーダー候補 17歳の“NEXTファン・ダイク”

すでに昨季FA杯でトップチームデビューを飾っているフーフェル photo/Getty Images

すでにトップでデビュー済み

リヴァプールにはモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノで形成される世界でも屈指の強力3トップを擁しているが、守備のキーマンも世界最高級の選手が揃っている。その中でも、ひときわ目立つ存在なのがオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクだ。

パワー、スピード、高さ、どれを取っても世界トップクラスの能力を備えているファン・ダイク。昨季1度もドリブルで抜かれなかったという事実は、多くの人々を驚かせた。もはや完全無欠といっても過言ではない完成度。世界最高級DFとして彼ほどふさわしい選手はなかなかいないだろう。

しかし、将来的にファン・ダイクのレベルに到達するかもしれない若者がリヴァプールにいると英『Daily Mail』が伝えている。それはU-23チームに所属しているU-17オランダ代表DFキ・ジャナ・フーフェルだ。同メディアは彼のことを“NEXTファン・ダイク”と称し、「フーフェルは日に日にその成熟度が増している。クラブと代表の双方でファン・ダイクの後継者になり得るだけのポテンシャルを備えている」と賛辞を惜しまない。

現在17歳の彼は2018年にアヤックスの下部組織からリヴァプールにやってきた選手で、昨季は当時16歳でありながらFA杯のウォルバーハンプトン戦でトップチームデビューを飾っている。持ち前のフィジカルの強さを活かした対人勝負の強さは、すでにトップチームでも通用するレベルにあると言っていいだろう。本職のCBだけでなく、右SBをこなすユーティリティ性も彼の魅力の一つだ。

現時点では総合力で物足りなさを感じるかもしれない。しかし、リヴァプールは将来を見据え、バックアッパーとしてフーフェルをトップチームに帯同させることも考えるべきか。新たな才能がアンフィールドで開花する時を多くの人が待ち望んでいる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ