“本田圭佑流”がサッカー界のブームに? SNSでクラブ探しする新たな選手が

フィテッセとの契約を結んだ本田 photo/Getty Images

本田のツイートは世界的な話題となった

オーバーエイジ枠を利用しての東京五輪出場を狙っているとされる本田圭佑は、メルボルン・ビクトリーを退団してから無所属の時間が続いていた。本田の知名度は抜群だが、東京五輪でプレイするにはクラブで結果を残しておく必要がある。そこで本田がクラブ探しに利用したのが、Twitterだった。

本田のツイートは何かと話題になるが、9月には不振に苦しむマンチェスター・ユナイテッドへ向けて逆オファーのツイートを披露。さらに古巣ミランにも同様のアプローチを仕掛け、これらのツイートは世界的に注目を集めることになった。選手がSNSを利用してクラブ探しをするのは非常に珍しい。

また10月には、「なぜオファーをくれないのか。今でも自分はアジア最高の選手の1人だと考えている」との意見をTwitterから発信していた。結果的にはCSKAモスクワ時代の恩師レオニード・スルツキーが指揮するオランダ・フィテッセと契約を結ぶことになり、東京五輪へ一歩を踏み出すことができた。

SNS効果がどれほどあったかは分からないが、今後こうした動きがメジャーになってくる可能性もある。メキシコ版『as』によると、同じく無所属が続いている37歳のメキシコ人GKシリロ・サウセドもSNSでGKを欲しているクラブを探しているという。

サウセドはメキシコのティグレスやティフアナでプレイした経験を持っており、メキシコ代表歴もある。37歳と大ベテランだが、Twitterで自身を欲してくれるクラブを探しているようだ。

同メディアは本田と似た動きと伝えており、最終的に本田はフィテッセ入りを勝ち取った。今後はSNSで逆オファーを仕掛ける選手が増えることも考えられるが、本田のツイートは新たなブームの第一歩か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ