プレミアにVARがなかったら順位はどうなる “変動ナシ”はたった5チーム

今やVARチェックの待ち時間はプレミアでお馴染みの光景となった photo/Getty Images

得したチーム、損したチームはどこ

プレミアリーグでは今季よりビデオアシスタントレフェリー(VAR)制度が導入されている。まだファンや有識者の間で賛否両論渦巻いている同制度だが、概ね本来の役割は果たしていると言っていいだろう。試合の流れを分断してしまうなどの課題こそまだあるが、明らかな誤審は以前より減ってきているはずだ。

そしてVARの導入によって得をしたチームや損をしたチームもあることだろう。何しろ、この制度が運用可能なタイミングはゴール判定、PK判定、退場判定、カードを提示する選手の誤認を訂正する場合といった勝敗に関わる重要なシーンだ。判定が覆れば試合結果も変わる可能性は決して低くない。そんな中、英『The Sun』は「もし2019-20シーズンのプレミアにVARがなかったら」と仮定した場合の順位表を作成している。

まずはトップだが、これは今と変わらずリヴァプールが首位という結果になっている。得失点差も変わらず、ほぼ影響を受けていない。現時点で堂々たるリーダーと言えるだろう。2位もマンチェスター・シティで変わらず。しかし、3位のレスターと4位のチェルシーは入れ替わる結果となっている。とはいえトップ4の顔ぶれ自体は変わらない。やはり強いチームはそれ相応の実力があるということか。

中位以降は目まぐるしく順位が入れ替わる。なかでも最もVAR導入で損をしたチームは、このリーグテーブルで6位にまで順位を上げている現在12位のウォルバーハンプトン。VARなしの世界でなら順位が6つも上がるという結果となっている。一方で最もVAR導入で得をしたチームはクリスタル・パレスだ。現在6位を走る彼らだが、VARなしの世界ならばなんとその順位を14位にまで下げることになるという。VAR様様と言ったところか。

議論渦巻くVARだが、この制度があるとないでここまで順位が入れ替わるのは意外と思った人も多いのではないだろうか。まだ課題はあるが、効果は現れていると言っていいのではないだろうか。あとは然るべき場面で、正しく迅速に運用されるされることを期待したいところだ。

VARが導入されていなかった場合のプレミア順位表は以下の通り(※カッコ内は実際順位との差異)

1位 リヴァプール(±0)
2位 マンチェスター・シティ(±0)
3位 チェルシー(+1)
4位 レスター(−1)
5位 アーセナル(±0)
6位 ウォルバーハンプトン(+6)
7位 ウェストハム(+3)
8位 マンチェスター・ユナイテッド(−1)
9位 シェフィールド・ユナイテッド(−1)
10位 アストン・ヴィラ(+5)
11位 ボーンマス(−2)
12位 バーンリー(+1)
13位 ブライトン(+1)
14位 クリスタル・パレス(−8)
15位 トッテナム(−4)
16位 エヴァートン(±0)
17位 ニューカッスル(±0)
18位 ノリッジ(+1)
19位 ワトフォード(+1)
20位 サウサンプトン(−2)

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ