マンUの得点力不足は深刻か “4月以降”の得点数トップに守備的MFの名前が

マンUのマクトミネイ photo/Getty Images

ストライカー陣の得点が物足りない

想像以上に鈍い立ち上がりとなってしまったマンチェスター・ユナイテッドは、得点力不足が大きな問題となっている。絶対的エースと呼べるストライカーが存在せず、今季もリーグ戦8試合で9得点しか奪うことができていない。

エース不在がどれほど深刻なのか。それは今年4月からの得点数を見ても分かってくる。今年4月からのリーグ戦を振り返ってみると、マンUではMFスコット・マクトミネイがチーム1位タイとなる3得点を記録しているのだ。3得点がチームトップとなっているのは少し寂しいところだろう。

英『GIVE ME SPORT』は成長する大型MFマクトミネイのことを数少ない収穫の1つと評価しているが、実際に今季ここまではマクトミネイと新戦力FWダニエル・ジェイムズの活躍くらいしかポジティブな話題が見当たらない。

そのジェイムズも今季開幕から3得点を挙げており、マーカス・ラッシュフォードも今年4月から3得点だ。やはりラッシュフォードが3得点に留まっているのが問題で、期待されたほど得点数が伸びてこない。

20日には堅守を誇るリヴァプールとの対決が控えている。指揮官オーレ・グンナー・スールシャールはリヴァプールから得点を奪う策を練っているのだろうか。MF陣の得点ばかりに頼るわけにもいかず、前線の奮起に期待したいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ