ナポリの「もう2位にはうんざり」 帰ってきた不動の左SBが飛躍を誓う

今季完全復活が期待されるナポリの左SBグラム photo/Getty Images

「以前のグラムに戻りたい」

ナポリに所属するアルジェリア代表DFファウジ・グラムが、今後の意気込みなどを明かした。

2014年1月にナポリへ移籍して以降、不動の左サイドバックとして活躍してきたグラム。近年のナポリの躍進を支える選手の一人で、加入初年度にはチームをコッパ・イタリア優勝へ導いている。しかし、リーグ戦では絶対王者としてユヴェントスが君臨しているため、スクデットを獲得したこと未だない。ユヴェントスをあと一歩まで追い込んだシーズンもあったが、直近4シーズンのうち3シーズンが2位と、悔しい結果となっている。

地元のラジオ番組『radio KISS KISS』のインタビューに応じたグラムも「もう2位にはうんざり」と口にしており、「僕らは何かを勝ち取りたいと思っている。ここ数年2位が続いているけど、僕らはこれについて決して満足はしていない。チャンピオンズリーグでもうまくやりたいと思っているんだ」と語った。

さらに「僕らは多くの人々から批判を受けてきたが、チームはこれまで以上に団結している。誰もがナポリのために勝ちたいと思っているし、この街を代表していることに誇りを持っているよ。ファンにはもう少し我慢してもらいたい」と話している。

グラム自身はここ数シーズン、怪我に悩まされてきたが、徐々に調子を取り戻しており、今季はここまでリーグ戦5試合に出場している。完全復活へ向けて「以前のグラムに戻りたい。そのために、僕は自信を持ってプレイしなければならないんだ。今は、きちんとトレーニングを継続していきたいね」と述べた。

第7節終了時点で、首位ユヴェントスと勝ち点差「6」の4位となっているナポリ。ここからさらに調子を上げ、今季こそ絶対王者の牙城を崩すことができるのか。怪我から帰ってきた不動の左SBが、今後のキーマンとなるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ