マンU10番の不調はムバッペよりまだマシか 英紙が比較する2人の同世代FW

今季なかなか得点数を伸ばせずにいるラッシュフォード photo/Getty Images

どちらも今季はなかなか得点数伸ばせず

現地時間14日に行われたユーロ予選のブルガリア戦で豪快なミドルシュートを決めたイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードだが、今季の彼は所属するマンチェスター・ユナイテッドでなかなか存在感を発揮することができていない。センターフォワードの位置を争っていたロメル・ルカクがインテルへ移籍したことで、昨季よりもエースとしての活躍が求められているラッシュフォード。しかし今季ここまでリーグ戦8試合の出場で3ゴールは、他クラブのエースに比べて少々物足りない数字だ。

だが、このラッシュフォードの成績はフランスのスーパースターに比べればまだマシな方と英『The Sun』は主張する。同メディアが比較対象に挙げたのは、パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペだ。ラッシュフォードより年齢が1つ下であるこの20歳も今季はなかなか結果を出せずにいる。

同メディアが注目したのは両者のゴール数とそのペース。ラッシュフォードの3ゴールに対して、ムバッペはわずか1ゴール。意外にもラッシュフォードの方が得点を決めているのだ。ムバッペが怪我で戦線離脱していた期間があるとはいえ、得点ペース的にもラッシュフォードは228.7分間に1点を決めており、ムバッペ(276分間に1点)のそれを上回っている。どちらもなかなか思うような時間を過ごせてはいないが、『The Sun』が主張する通りラッシュフォードの方がまだマシか。

とはいえ、ラッシュフォードがマンUでいまだ爆発できていないのも事実。はたして今後、この21歳はオールド・トラッフォードのファンを満足させるパフォーマンスを披露することができるのか。ブルガリア戦でのゴールをいいキッカケとしてほしいところだが。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号では、波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ