エジルが才能を絶賛していた レーヴが2014W杯に招集したかった“18歳”

ドイツ代表で主力となったニャブリ photo/Getty Images

アーセナルにいた頃から認められていた才能

準決勝で開催国ブラジルを7-1で粉砕するなど、2014ワールドカップを制した当時のドイツ代表は非常に完成度が高いチームだった。

攻撃陣では絶好調だったトーマス・ミュラー、ワールドカップ男のミロスラフ・クローゼ、代表戦になると驚異の力を発揮するルーカス・ポドルスキ、他にもマリオ・ゲッツェ、アンドレ・シュールレなど実力者が揃っていた。しかし、ドイツ代表を指揮するヨアヒム・レーヴがもう1人連れて行きたい意外な選手がいたという。

英『METRO』によると、その選手とは現在ドイツ代表で前線のキーマンとなっているFWセルジュ・ニャブリだ。所属するバイエルンで覚醒したニャブリは、現在24歳のアタッカーだ。

2014年のブラジルワールドカップ当時、ニャブリはまだ18歳。A代表へ招集するには早すぎるようにも思えるが、当時アーセナルに在籍していたニャブリの才能を絶賛する者たちがいたのだ。同じくアーセナルに所属していたMFメスト・エジル、DFペア・メルテザッカーの2人だ。

「私は本当にセルジュを2014ワールドカップへ連れて行きたかった。彼は当時18歳だ。メルテザッカーとエジルの2人が彼のことをスピードがあり、トレーニングでクレイジーだと伝えてきたんだ。ただ、それから彼は怪我に苦しんだからね」

レーヴはこのように振り返っている。あれから5年半の時が経ち、ニャブリがドイツ代表でエースとなる時がきた。今では誰もが認める実力者となっており、EURO2020制覇へのカギを握る選手の1人と言っていい。やや代表定着まで時間はかかってしまったが、エジルとメルテザッカーは当時からニャブリの才能をしっかりと見抜いていたのだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ