スールシャール唯一の成果? マンUはネガティブな話題ばかりじゃない

解任説も浮上しているスールシャール監督だが…… photo/Getty Images

守備を改善と英紙

今季なかなか調子の上がらないマンチェスター・ユナイテッド。ここまでリーグ戦成績は8試合を終えて2勝3分3敗の12位は、残留争いに巻き込まれた1989-90シーズン以来最悪のスタートだ。ここまでアウェイで勝利を挙げることができていないのもそのシーズン以来など、ネガティブなデータが多数報じられている。

昨季途中就任から一時チームを快進撃へと導いたオーレ・グンナー・スールシャール監督だが、現在はその勢いもすっかり失われてしまった。現地では同監督の解任も時間の問題と、後任候補予想が連日紙面を賑わせている。しかし、スールシャール監督はチームの問題を全く改善できていないわけではないと英『The Sun』は主張している。

その根拠は失点数の減少だ。今季ここまででマンUが喫した失点は「8」。これはジョゼ・モウリーニョ前監督が指揮を執っていた昨季同時期の「14」よりも明らかに少ない数字。リーグ全体でも失点数の少なさは4位タイにランクインしている。就任前まで弱点と言われていた部分は改善できているのだ。

とはいえ、攻撃面は弱体化。8試合を終えて11ゴールを記録していた昨季に対し、今季は9ゴール。2012-13シーズンにはなんと25ゴールを挙げていただけに、今のマンUがどれだけ得点力不足に悩まされているかがわかる。

昨季とは打って変わって、守備に強みを持ち、攻撃に不安を抱えるチームとなったマンU。イングランドの名門はしばらく間、相手の猛攻をしのぎ、少ないチャンスをモノにするというスタイルで戦わなければいけないか。ファンはチームが再び王者の風格を取り戻すことに期待しているが、はたして。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ