アーセナルDFは評価を覆したのか クリーンシート連発で取り戻す信頼

今季アーセナルで奮闘するムスタフィ photo/Getty Images

昨季は大幅に評価を落としたが

アーセナル守備陣の中でなかなか評価を得られなかった男が、今季その評価を覆しつつある。DFシュコドラン・ムスタフィだ。

昨季はたびたび失点に直結する凡ミスを犯し、各方面から批判を浴びていたムスタフィ。クラブOBであるチャーリー・ニコラス氏に「彼はアーセナル最大のバグ」と痛烈な言葉をぶつけられたことは記憶に新しい。まさに評価は"ドン底"にまで落ちていたと言っていいだろう。

しかし、2019-20シーズンに入ってからのムスタフィに昨季までと同じような姿は見られない。英『The Sun』によると、今季彼は出場した3試合すべてでクリーンシートを達成しているのだ。ムスタフィが出場しなかった7試合でのクリーンシートは僅か1試合のみというのも考慮すると、驚きの結果と言えるだろう。まだ彼はリーグ戦にこそ出場していないものの、状態は昨季と比べ物にならないほど上がっているのかもしれない。夏に退団も確実視されていた男は、今やアーセナルの守備陣を救うかもしれない存在となっている。

中盤に広大なスペースが空きやすい今のアーセナルにおいて、積極守備に出るムスタフィは思い切ってプレイできる分、良さが出ているのか。ロブ・ホールディングという頼れるセンターバックが復帰した”ガナーズ”だが、一度この男をリーグ戦で試してみるのもおもしろいかもしれない。はたして、ここからムスタフィの逆襲劇が始まるのか。今後は過去の低評価など吹き飛ばすほどの鮮烈なパフォーマンスを披露してほしいところだ

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ