[MIXゾーン]ベルマーレの齊藤未月、3戦勝ちなしも「湘南スタイルは刻み込まれている」(浦和戦)

齊藤未月が口にした手応えとは photo/Getty Images

「チームとして慌てずにプレイできた」

明治安田生命J1リーグの第25節が9月1日に行われ、湘南ベルマーレが浦和レッズに1-1で引き分けた。

前半3分に浦和のFW興梠慎三に先制ゴールを奪われたものの、後半13分に投入されたMF梅崎司が同43分にPKを奪取し、勝ち点1をもぎ取った湘南。同クラブのMF齊藤未月はミックスゾーンで報道陣の囲み取材に応じ、自軍の攻撃について手応えを口にしている。

「(先制点を奪われて)相手が引いてくる時間帯もありましたけど、ロングボールやサイドチェンジのボールを使って(効果的に)プレイできていましたし、チームとしても慌てずにプレイできていたと思います。最近は僕たちに対してわざとボールを持たしてくるチームが増えているんですけど、逆にシンプルに山くん(FW山﨑凌吾)のところにボールを入れています。そうすると僕ら(中盤の選手)が近い距離にいれるので、セカンドボールを奪って、速くサイドにボールを散らすというのが、ここ数試合相手にとっては嫌になっているなと感じています。うちには1対1の局面で相手を剥がせるサイドの選手であったり、ヘディングでも勝てる選手がいるので、うまくそこを使うというのがチームとして共有できていると思います」

「(曺 貴裁監督が不在という状況のなかでも)チームの雰囲気は変わらず良いと思います。もちろん、“湘南スタイル”というのは曺さんが築き上げてきたものなんですけど、選手一人ひとりにも刻み込まれていますし、誰がいなくてもできるようなことだと思います。監督が変わろうが僕たちがやれること(やるべきこと)は染みついているので、やることは変わらないなと思います」

この日も先制ゴールを奪われてしまったものの、[3-4-2-1]のコンパクトな布陣を最後まで保ち、持ち前のハイプレスから幾度となくセカンドボールを回収した湘南。攻撃面ではロングボールやサイドチェンジのボールを使って終始浦和の守備ブロックを揺さぶり続け、相手守備陣を疲弊させたことが終盤のPK奪取に繋がった。曺監督不在という難局のなかでも粘り強い戦いを披露している湘南だが、同監督のもとで磨き上げたインテンシティの高いサッカーを今後も継続し、次節の大分トリニータ戦でリーグ戦4試合ぶりの勝ち点3を手にすることができるだろうか。


【湘南vs浦和 ハイライト】

参照元:youtube


●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:インタビュー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ