直近15試合の戦績は“ワースト3” 待たれるトッテナムの復活劇

早急に巻き返さなければポチェッティーノの首元も涼しくなってくるだろう photo/Getty Images

次節はアーセナルとの大一番

トッテナムの調子が上がらない。マウリシオ・ポチェッティーノ監督に率いられ、昨季補強ゼロながらチャンピオンズリーグ準優勝という成績を残した同クラブは今季プレミアリーグで1勝1分1敗。第2節で早速王者マンチェスター・シティと対戦したとはいえ、好調な滑り出しとは言えない戦績だ。

なかでも第3節でニューカッスル相手に落とした試合は痛かった。FWハリー・ケインがペナルティエリア内で倒された際の微妙な判定こそあったものの、大勝をおさめても何らおかしくはない相手だ。試合を通して80%近いボールポゼッションを記録していたこともそれを物語っている。思えば、トッテナムが格下相手に勝ち星を取りこぼす傾向は昨季後半戦から見られていた。それを裏付けるものとして、英『The Sun』が興味深いデータを紹介している。

同メディアが示したのは、昨季も含めたリーグ戦直近15試合の戦績だ。トッテナムは4勝3分8敗。これは昇降格組を除いた全17チーム中ワースト3位の数字。ここ最近、いかにトッテナムが勢いを失っているかが見て取れる。

そして、次節はアウェイで宿敵アーセナルとの大一番。そろそろ意地を見せたいところだが、こちらにもトッテナムにとって不吉なデータが。彼らは現在リーグ戦のアウェイゲームで7試合勝利から遠ざかっているのだ。最後に勝利したのは昨季第23節のフラム戦。敵地での勝負弱さは際立っている。

ネガティブなデータが多いトッテナムだが、ここから逆襲となるか。そろそろエンジンをかけたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ