“悪童”バロテッリの新天地がついに決定 古巣復帰でファンの反応は?

昨季後半はマルセイユでプレイしていたバロテッリ photo/Getty Images

幼少時代に過ごしたブレシアへ

セリエAのブレシアは18日、イタリア代表FWマリオ・バロテッリを獲得したと発表した。

クラブは具体的な契約内容を明かさず、「複数年契約を結んだ」としたが、移籍情報サイト『transfermarkt』などによると、契約期間は2022年6月までの3年間とのこと。翌19日にクラブの本社で正式な入団会見が行われるようだ。

今月12日に29歳の誕生日を迎えたバロテッリは、これまでインテルやマンチェスター・シティ、ミラン、リヴァプールなど数々の名門クラブを渡り歩いてきた。そして、2016年夏からは戦いの舞台をフランスへ移し、今年1月からはマルセイユでプレイ。マルセイユではリーグ戦15試合に出場し、8ゴールを挙げる活躍を見せていたが、契約満了に伴って今夏にフリーとなっていた。新天地に注目が集まっていたが、幼少期にプレイした経験があり、今季セリエAへ昇格した古巣ブレシアへの復帰が決まった。

クラブからの公式発表後、自身のInstagramを更新したバロテッリは「ついにオレの街に帰ってきたぜ。オレはブレシアにいる」と綴った。ファンもこれに反応しており、「マリオ、素晴らしい!」や「スーパー・マリオがブレシアに戻ってきた!」、「我が家へようこそ」など歓迎するコメントがたくさん投稿されている。また、もう一つの新天地候補とされるも、交渉が破談に終わったフラメンゴ・ファンの「来て欲しかったけど、ブレシアでも同じくらい成功を祈っています」といったエールなども見られた。

3年ぶりに母国復帰が決まったバロテッリ。悪童と呼ばれ、これまで多くのクラブを転々としてきたが、ピッチでは近年もきっちり結果を残している。ブレシアでも輝きを放つことができるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ