トッテナム指揮官、デル・アリの近況を報告 プレミア開幕戦に赤信号か

開幕戦の欠場が濃厚となったアリ photo/Getty Images

ハムストリング負傷で数週間の離脱へ

トッテナムに所属するイングランド代表MFデル・アリは、プレミアリーグの開幕戦を欠場することが濃厚となった。

2015年夏にトッテナムへ移籍し、今季で4年目のシーズンを迎える現在23歳のアリ。入団初年度からトッテナムの主力として活躍しており、チームに必要不可欠な存在となっているが、昨季は怪我に悩まされることもしばしば。加入以降初めてゴール、アシストともに二桁を記録することができなかった(公式戦38試合出場7ゴール8アシスト)。

こういった状況もあり、新シーズンの巻き返しに期待されたアリだが、負傷により出遅れることとなりそうだ。4日に行われたインテルとのインターナショナルチャンピオンズカップを欠場していた同選手について、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が試合後のインタビューで次のようなコメントを残した。英『The Guardian』など複数のメディアが伝えている。

「私はデルが今季のスタートに間に合うとは思っていない。負傷したのは(昨季と)同じ箇所だと思うね。我々は彼のことを非常に心配しているよ。彼はまだ23歳だし、そこ数年間はたくさんハムストリングの問題を抱えてきた。彼の身体に何が起こっているかについて、少々注意を払わなければならない。我々は彼の手助けをしたいと思っている。怪我は軽傷だが、数週間後には準備ができることを願っているよ」

アリは重傷ではなく、長期離脱も回避できそうだが、彼の離脱はトッテナムにとって大きな痛手となるかもしれない。同クラブは11日の開幕戦で、アストン・ヴィラと対戦予定となっている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ