南野拓実がスーパースター! 7月月間MVP男が王者の”主役”になる時がきた

ザルツブルクの南野 photo/Getty Images

攻撃の中心へ

ついにザルツブルクで日本代表FW南野拓実が主役になる時がきたのかもしれない。

オーストリアの絶対王者であるザルツブルクは、早くもラピード・ウィーンとマッタースブルクを撃破してリーグ開幕2連勝を記録。南野は両方のゲームで先制点を決めており、チームの勝利に貢献。

それだけではない。この7月には国内カップ戦でも得点を決め、チェルシーとのトレーニングマッチでも2得点を挙げる活躍を披露した。この活躍もあり、ザルツブルクのサポーターが選ぶ7月の月間MVP投票で南野は48%の票を獲得して1位に選ばれている。今年1月にチームへ合流したノルウェーの大型FWアーリング・ハーランドが2位となる33%の票を集めており、この2人が今季ザルツブルクの攻撃の柱といったところだろうか。

南野はこれまでもザルツブルクで結果を残してきたが、前線の主役とは言い難いところもあった。チームメイトにとんでもないゴールゲッターたちがいたからだ。地元メディア『Salzburger Nachrichten』は、これまでザルツブルクにFWホナタン・ソリアーノやFWムナス・ダブールらがいたことを振り返っている。

ソリアーノは2013-14シーズンから3シーズン続けてオーストリア国内リーグの得点王を獲得し、2017年に北京国安へ移籍。その後継者となったのがイスラエル代表FWダブールで、2017-18シーズンと昨季の2シーズン連続でリーグ得点王を獲得。今夏にはスペインのセビージャへ合流しており、彼らはザルツブルクの中心だった。

同メディアは「南野がザルツブルクのスーパースターになる」と伝えているが、いよいよ絶対的な主役になる時なのかもしれない。また今夏ザルツブルクに復帰した23歳の奥川雅也もラピード・ウィーン、マッタースブルク戦で得点を決めており、南野に負けじと大活躍を見せている。この2人は今季見逃せない存在となりそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ