今季こそユーヴェの独走止める! ナポリFW「ユーヴェに近づいている」

セリエA制覇を目指すナポリ photo/Getty Images

監督交代が1つの注目ポイント

今季のセリエAは荒れるかもしれない。

近年はユヴェントスの独走状態となっていたが、セリエAのクラブは今夏に大きな変化を経験した。ユヴェントスは指揮官がマウリツィオ・サッリに交代し、その他もインテルはアントニオ・コンテ、ローマはパウロ・フォンセカ、ミランはマルコ・ジャンパオロと、強豪クラブの指揮官が次々と交代したのだ。戦力ではユヴェントスがリードしているが、現段階でスクデット争いの行方を予想するのは難しい。

その中でチャンスをうかがっているのがナポリだ。ナポリはカルロ・アンチェロッティ体制2年目を迎えることになり、成熟度なら一歩リードといったところだろう。伊『Corriere dello Sport』によると、ナポリFWロレンツォ・インシーニェもアンチェロッティ体制続行が1つのアドバンテージになると語っており、ライバル・ユヴェントスに近づいていると手応えを得ている。

「ユヴェントスは監督が代わった。インテル、ミラン、ローマもね。これらのクラブに比べて、アンチェロッティがベンチに留まるナポリにはアドバンテージがある。僕たちは今ユーヴェに近づいていると言えると思う」

ナポリはローマからDFコスタス・マノラスも獲得し、セリエA屈指の守備網を築こうとしている。今季こそ王者ユヴェントスの独走を止められるのか。またとないチャンスかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ