今夏リベリはどこへ向かう? 新天地候補にイタリアのクラブが急浮上

イタリア行きの可能性が浮上したリベリ photo/Getty Images

様々な憶測が飛び交う中

昨季限りでそれまで12年間在籍したバイエルン・ミュンヘンを退団した元フランス代表MFフランク・リベリ。同じタイミングで退団した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが現役引退という決断を下した中、この36歳は現役続行に強い意欲を示している。

そんなリベリの新天地に関してはヨーロッパのみならず、世界中のクラブが彼の獲得に関心を示していることもあり、いまだ不透明な状況が続いている。そしてここにきて、イタリアのクラブも名乗りを上げたようだ。

伊『calciomercato』によると、そのクラブは昨季セリエAを16位で終えたフィオレンティーナ。同メディアは「ローマを去ったダニエレ・デ・ロッシのように古巣との対戦を望まないリベリにとって、イタリアはキャリアを続けるための正しい目的地となるかもしれない」と伝えている。

フィオレンティーナは現在、リベリと同じウインガーであるフェデリコ・キエーザにユヴェントス移籍の可能性が浮上している。彼の代役としてリベリを獲得できれば大きな戦力となるのは間違いない。給与は高額となる可能性もあるが、選択肢としては十分アリな選手だろう。

移籍先に関して、様々な憶測が飛び交うリベリ。はたして、彼は来季どこでプレイしているのか。もしかすると、2019-20シーズンはイタリアの屈強なDFたちに勝負を挑む33歳の姿を見ることができるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ